The Company

メッセージ /Message

プログラム運営陣からのご挨拶

九州大学総長挨拶

卓越した数学博士人材を育成します

本学では、「新たな境界領域」の創出・発展に向けて、独自の「ダ・ヴィンチプログラム」という修士・博士一貫の文理横断型学位プログラムの枠組みを構築し、マス・フォア・イノベーション卓越大学院を最初かつ先導的パイロットプログラムに位置付けています。本プログラムでは、優れた『数学力』を基盤とした『モデリング力』と、組織や分野の垣根を越えることができる『共創力』を活用・駆使し、新たな境界領域を開拓・イノベーションを創出する『卓越した数学博士人材』を育成します。この本学の最重要大学院プログラムにより、「我が国における大学院改革を推進・先導」し、「産業数学の潜在力を引き出すことで世界の社会や産業を発展・牽引」していきます。

九州大学総長 石橋 達朗

Message.01社会に求められるプロフェッショナル人材を

このプログラムは、数学を武器に社会で活躍する人材を育てます。学問の世界を超え、遥かに広く実社会の様々な局面で、困難を解決する人材を育成します。誰も思いつかないことを考える力、自由な発想と理解力、視野が広く卓越した個人の力を持つのが我々の数学博士であり、これからの世界に必要な人材です。数学博士の社会での活躍は、もう欧米では常識です。2006年に九州大学数理学府が日本で初めて行った、数学博士課程学生の企業への長期インターンは、世間から驚きをもって受け止められました。しかし、それは今や常識となりました。今回、システム情報科学府、経済学府と共に、異分野と共創する数学博士人材を育成し、再び日本の常識を変えていきます。

九州大学大学院数理学研究院 研究院長 / 九州大学大学院数理学府 学府長

プログラム責任者 長田 博文

Message.02数学でイノベーションを!

AIやデータサイエンスの活躍が日増しに活発化する現在、それを支え、そして超えるための学術基盤として、数学・数理科学や統計学への期待がどんどん高まってきています。しかし、数学を駆使して産業界や諸科学分野に出てゆき、様々な場面で社会や人類の課題解決に貢献できる人材は、残念ながら我が国では極めて少ないのが現状です。九州大学では、これまでの数学・数理科学における教育研究の実績をさらに飛躍させ、文系を含む多様な専門領域の教員が参画する形で、数学をもとに様々な分野で花開く数学博士を育成します。社会が必要としている数学人材となって、世界中があっと驚くようなイノベーションの創出を目指す、若い学生の皆さんのチャレンジに期待しています!

九州大学マス・フォア・インダストリ研究所 所長

プログラムコーディネーター 佐伯 修

上部へスクロール